ホーム > ニュース > ニュース

金属シリコン粉末においてシリコンはどのような役割を果たしますか?

10. 16, 2020

金属シリコン粉末であろうと金属シリコンであろうと、その主成分はシリコンであるため、シリコンの使用法を理解する必要があります。これが金属シリコン粉末の目的ではありませんか?

シリコンの原子構造はある程度の導電性を持っていますが、シリコン結晶のシードオイルは電子が少ないため、金属よりも導電率が低く、温度が上がると半導体特性を持ちます!

市販のシリコンを金属シリコンと半導体シリコンに分けています。金属シリコンは通常、多結晶シリコン、単結晶シリコン、シリコンアルミニウム合金、シリコン鋼合金の化合物になります。半導体シリコンは、半導体デバイスの製造に使用されます。一般に、シリコンは主に高純度半導体、高温材料、光ファイバ通信材料、有機シリコン化合物、合金などの製造に使用され、航空宇宙、電子、建設、輸送、エネルギー、化学、テキスタイル、食品、軽工業医療、農業、その他の分野。

鉄鋼業界の合金元素として、シリコンは多くの金属製錬の還元剤として使用されています。シリコンはアルミニウム合金の優れた単位であり、ほとんどの鋳造アルミニウム合金にはシリコンが含まれています。シリコンは、エレクトロニクス産業における超高純度シリコンの原料です。超高純度半導体単結晶シリコン製の電子デバイスには、小型、軽量、信頼性、長寿命というメリットがあります。したがって、金属シリコン粉末は非常に優れた製品です!

Metal Silicon

金属シリコン粉末の使用

1.金属シリコン粉末は、製品の耐高温性、耐摩耗性、耐酸化性を向上させるために、耐火材料や粉末冶金業界で広く使用されています。その製品は、製鋼炉、窯、窯家具に広く使用されています。

2.有機ケイ素化学工業では、金属ケイ素粉末は、製品の高温耐性、電気的絶縁、耐食性、耐食性、防水性などの特性。

3.金属シリコン粉末は単結晶シリコンに引き込まれ、加工されたシリコンウェーハはハイテク分野で広く使用されており、集積回路や電子部品の必須原料です。

4.冶金鋳造業界では、金属シリコン粉末が非鉄合金添加剤およびケイ素鋼合金化剤として使用され、鋼の焼入れ性が向上しています。工業用シリコン粉末は、特定の金属や新しいセラミック合金の還元剤としても使用できます。

上記の情報は、シリコン金属工場から提供されたものです。